レーザー脱毛ってなに?メリットとデメリットを確認

レーザー脱毛ってなに?メリットとデメリットを確認

脱毛効果が高いのが魅力

レーザー脱毛を受けるためには美容クリニックのような医療機関に通う必要がありますが、これはレーザーの照射に医師の資格が必要になるためです。そのためレーザー脱毛は医療行為に分類され、ムダ毛に作用を与えられるのが特徴です。これにより毛根細胞を確実に破壊することができるので、永久脱毛に近い仕上がりにすることも可能です。さらに少ない施術回数で済むというメリットもあります。

目立ちやすい濃いムダ毛ほど効果が得られる

レーザー脱毛で使用されているレーザーは、ムダ毛に含まれているメラニン色素に反応します。このメラニン色素はムダ毛を黒くする成分なので、濃いムダ毛に多く含まれています。そのため人目につきやすい濃いムダ毛ほど大きな効果が得られるのがメリットです。早く脱毛効果が欲しい両わきや全体的にムダ毛が濃いという人に最適な施術です。

施術費用が高くなりやすい

レーザー脱毛は医療行為ですが保険が適用されないため、施術費用が高額になりやすくなっています。施術範囲が広い全身脱毛は特に費用が高く、50万円以上になることもあるので費用を確認してから契約するのがおすすめです。全額一括で払うのが難しい場合は、分割払いや月額制プランを利用するようにしましょう。

肌にかかる負担が心配

レーザー脱毛はエステサロンで受けられるフラッシュ脱毛と比べると、肌にかかる負担が大きいのが特徴です。特に日焼けをすると肌の中にもメラニン色素が生成され、施術時の痛みが強くなってしまいます。肌がデリケートなハイジニーナ脱毛でも痛みがネックになってくるので、心配な人は体験プランなどで施術を確かめてから脱毛契約をするようにしましょう。

医療レーザー脱毛とは、主に医療用レーザーを用いて、毛を焼いて脱毛処理する治療方法のことを意味しています。