健康診断と人間ドッグは一体何が違うのか!?

健康診断と人間ドッグは一体何が違うのか!?

健康診断と人間ドッグの違い

健康診断と人間ドッグは何となく同じようなイメージがありますが、具体的には何が違うのでしょうか。まず挙げられるのが、法的な違いです。日本の法律では、企業が従業員に健康診断を受けさせることを義務付けています。つまり、健康診断は法律でも受診が定められているのです。一方、人間ドッグの場合はそのような法的な義務付けがありません。人間ドッグを受けるかどうかは、完全に本人の判断に任されています。その他、検査項目や費用についても、大きな違いがあります。まず検査項目についてですが、健康診断は10から15項目であるのに対して、人間ドッグの場合は少なくとも50以上の項目があります。場合によっては、100項目の検査が行われることもあるようです。また費用面でも違いがあります。健康診断はだいたい1万円ぐらいで済みますし、会社が全額負担してくれるケースも少なくないです。一方人間ドッグの場合は、4~5万円ぐらいの受診費用が発生します。

人間ドッグの種類について

人間ドッグは、健康診断では足りない部分を補う基本的なものもあれば、専門分野に特化したものもあります。その中でガンの検査に特化しているのが、PET検査です。この検査では人間がすっぽり入ってしまうぐらいの筒形の医療機器を用いて、ガンのリスクをしっかりと調べられます。一方、女性特有の病気を調べるのに役立つのが、婦人科健診です。乳腺エコー検査などを行い、乳がんや子宮がん等の女性特有の疾患の有無をチェックできます。

健康診断なら千葉で行うのが最適です。東京は千葉より企業が集中しており、混雑するためです。千葉は比較的空いています。