酵素ダイエットっていったい何?~効果と方法について~

酵素ダイエットっていったい何?~効果と方法について~

酵素ダイエットの効果とは?

酵素ダイエットとは、体内の酵素を増やして代謝をよくし、痩せやすい体質にするダイエットのことです。人間の体内には、潜在酵素と呼ばれるものがもともと備わっています。酵素は人間が生きていくうえで欠かせない成分だからです。しかし、この酵素は年を重ねるとともに減少していきます。

潜在酵素には、食べ物の消化をサポートする消化酵素と、呼吸や内臓を動かす代謝酵素があります。酵素は消化酵素が先に使われて、残りが代謝酵素へ回されるという特性を持っています。食べ過ぎや加齢により酵素の量が減ると、その分代謝酵素へ回せる酵素の量も減ってしまうのです。代謝酵素が減ると基礎代謝が悪くなるため、太りやすい体質になります。酵素ダイエットは、体の外から酵素を取り入れることで酵素の総量を増やし、代謝酵素を増やすことで痩せやすい体質にするのが目的となっています。

酵素ダイエットのやり方

酵素ダイエットは、毎日の食事に野菜やフルーツを取り入れる方法と、ファスティングの2つの方法があります。食事に野菜やフルーツを取り入れる場合は、様々な種類の野菜やフルーツを食べるだけです。ただし、摂取カロリーが1,200~1,500キロカロリーに収まるようにしてください。また、酵素は熱を加えると成分が壊れてしまうため、生のまま食べるのが効果的です。

ファスティングをする場合は、酵素ドリンクを活用するのがオススメです。3食のうち、1~2食を酵素ドリンクに置き換えます。夕食を酵素ドリンクに置き換えると、より効果的にダイエットが行えます。

まず初めに酵素とは、消化を助ける、ホルモンバランスを整えるなど、重要な役割を担う存在です。酵素ダイエットは、酵素を外から取り込み不足した酵素を補い、身体を内側から整えていくダイエット法です。