どんなデザインが良い!?結婚式に出席をする時のネイル

どんなデザインが良い!?結婚式に出席をする時のネイル

髪型や服だけでなくネイルも

結婚式に招待をされた時には、ドレスや髪型だけでなく爪にも気を使っておくことが大切です。爪を綺麗にしておくことで、清潔感のある印象を与えることができます。

派手なネイルは避けることが大切

友人として結婚式に招待をされた場合、派手すぎないネイルを心がけることが大切です。色はピンクやベージュ、クリアなど派手すぎない色を選ぶと良いでしょう。結婚式のドレスは白色を避けることがマナーとなっていますが、ネイルの場合は白でも構いません。爪の先だけに色をつけるフレンチネイルの場合は、白を選ぶと上品で美しい見た目に仕上がります。反対に避けておきたいのが、お祝いの場にふさわしくない黒色です。更に、爪は必要以上に長くせず上品に見える長さに整え、装飾もワンポイントのように上品なものにしておくと良いでしょう。

親族として招待された場合は

親族として結婚式に招待された場合は、ネイルは避けておくことがおすすめです。ただ、仕事の関係で爪が傷んでいてそのまま出席することに抵抗があるという場合は、ベージュやクリアのマニキュアを塗るだけにしておく、もしくは装飾を施していないネイルチップを使ったシンプルなネイルをしておくと良いでしょう。爪の状態に問題がない場合は、ネイルケアをしておくことがおすすめです。ネイルケアをするかしないかによって、指先の印象は大きく変わります。爪を磨くだけでも、気軽に利用可能なネイルサロンは多くあります。プロの手にかかれば、磨くだけでもとても綺麗な爪に変わるので、ネイルができない場合はサロンのケアを活用しておくことがおすすめです。

お客様の美容をサポートする仕事として有名なものに、ネイリストがあります。よりきれいに見せるため、お客様一人ひとりに合った施術を行います。