医療レーザー脱毛って何?知っておきたい特徴とは

医療レーザー脱毛って何?知っておきたい特徴とは

医療脱毛がおすすめの理由

脱毛はエステでもできますが、確かな効果を期待したいなら医療脱毛がおすすめです。医療脱毛とはクリニックで受けられる脱毛法で、医療レーザーを用います。医療脱毛で用いるレーザーは黒い色素に反応する特徴を持ちます。これを肌に当て、毛根にある発毛に係わる組織を破壊することで永久脱毛を可能にしています。エステでは人体組織を一部でも破壊することは認められていませんので、毛根を弱らせて生えにくくするという方法を取っています。そのため脱毛効果は限定的で、何年かすると再生する可能性もあります。時間とお金をかけるなら、やはり医療脱毛が良いでしょう。では、医療レーザー脱毛にはどんな種類があるでしょうか。

レーザーの種類と特徴

レーザーにはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーの3種類があり、脱毛機器によって使用するレーザーが異なります。それぞれ波長の長さが異なり、対応できる肌質や毛質も異なってきますので、複数の種類を導入して使いわけているクリニックもあります。アレキサンドライトレーザーやYAGレーザーは高い出力のレーザーを瞬間的に打ち込んで毛根に集中的にダメージを与える単発式の機器で用いられます。照射力が強いので、効果が高い反面、痛みが強いのが難点です。ダイオードレーザーは、単発式もありますが、蓄熱式脱毛機でも採用されています。蓄熱式脱毛とは最新の方式で、じわじわとゆるい熱を連続で与えて発毛因子を弱らせ、生えなくさせるというものです。高い熱ではないため痛みが少なく、連続照射できるため施術時間が短くて済むのが特徴です。痛いと聞くから医療脱毛をためらっている人にもおすすめの方法です。

エステでは医療器具は使用できないためレーザー出力を抑えたもので数回施術しますが、実は医療機関で医療機器を使用した医療脱毛なら少ない時間で処理できます。もちろんコストはエステの方が手頃ではあります。