ニキビ予防やニキビケアには、生活を見直すことも大切

ニキビ予防やニキビケアには、生活を見直すことも大切

ニキビは皮膚疾患、軽く考えないで

ニキビというと、よくあることだし大したことはないと考えている人が少なくないようですが、実はれっきとした皮膚疾患です。できてしまったら、皮膚科を受診して治療を受けた方が安心です。

しかし、一口にニキビといっても、その程度はさまざまで、白くぷっくりしているだけのあまり痛くも痒くもない初期のうちに対処をすれば、自分で治すことも可能です。

ニキビの原因を知ろう

ニキビの原因はさまざまですが、まず、原因を取り除くことが一番です。

たとえば、ストレスによって肌のバリア機能が低下したり、毛穴が収縮することがあります。また、肌の回復を助ける睡眠が不足すると、健康な肌が保てなくなってきます。また、洗顔が適切でなかったり、汚い手で触ったりして細菌に感染するということもあります。他にも、栄養状態、ホルモンバランス、高温や乾燥など季節ごとの自然環境の変化なども原因となることがあります。心当たりがあれば、取り除いたり防いだりする工夫をしましょう。

ニキビのための洗顔を見直す

ニキビ予防や初期のニキビのケアのために必要なこととしてよくいわれていることは、洗顔の大切さです。しかし、きれいにしようとおもうあまり、ごしごしこすったり刺激の強い洗顔料などを使うと逆効果になることもあるので注意が必要です。

効果的とされているのは、洗顔前に熱すぎない蒸しタオルで顔を覆い、毛穴を開いてから洗うという方法です。洗顔料は刺激が少なく、泡立ちの良いものを選んで、手で洗うというより泡で包んで洗うという感じで優しく洗います。すすぎはぬるま湯でおこない、自分の肌に合った化粧水などでたっぷりと保湿します。

顔のニキビ跡は目立ちやすく、見栄えが悪い印象を与えてしまうので速やかな除去が必要になります。肌を綺麗に保ちながら傷跡を除去するためには医学的な治療が不可欠なので、専門病院を受診するのが最適です。